愛称「モリコロパーク」

愛知万博(愛・地球博) 旧長久手会場の再開後の公園の名前が決まった。
昨年11月に新名称を公募して3220件の中から選ばれた。
  正式名称「愛・地球博記念公園」
  愛称「モリコロパーク」
新公園は3期に分けて開園される。
  第1期は児童総合センターをふくむ「こどものひろば」、「サツキとメイの家」
  第2期は今年の後半、温水プール・アイススケート場
  第3期はその他の部分で来年以降となる。
公園の運営は行政、県民、企業、大学などで構成する「公園マネジメント会議」が担当。

一方、愛知万博 旧瀬戸会場は、瀬戸愛知県館を改修して「海上の森センター」を今秋開設する。
センターは環境保全活動の拠点や海上の森に関する資料展示、教育の場所に使う。
そして海上の森を「愛知万博記念の森」とする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年01月14日 13:17
 みっきいさん お元気でご活躍ですね。
 「愛・地球博記念公園」(愛称・モリコロパーク)の記事、ありがとうございました。私も、12日夜、BIGLOBEニュースで知りました。跡地の公園を造りなおすには、やはり大変な工事で、先ず既存の施設から再開されるようですね。

 NHK-TVの「氷壁」に刺激されて、「氷壁ふたたび」・ナイロンザイル切断事件・・・と題して、先ず第1ページ目を書き始めました。早くも30余名の方にお読み頂いたようです。このブログは、5回位に分けて書こうかと思っていますが、この先の構想は未定です。どうぞ宜しくお願いします。
みっきい
2006年01月14日 14:11
NHK土ドラマ「氷壁」
  http://www.nhk.or.jp/dodra/index.html
現代に置き換えて、高峰K2でのドラマはいよいよ今夜からですね。

井上靖の「氷壁」はよみました。
ナイロンザイルが切れたのか、切ったのか・・・。
「切れることもある」と表示されるまでには長い20年余りも。
前穂高東壁での遭難事故死した若山五郎さんや実兄さんとも山岳部で一緒に登山なさったというその体験お聞かせください。
俳写さんの「氷壁ふたたび」でのブログ、期待しています!
みっきい
2006年05月12日 07:21
「モリコロパーク」2006年7月15日一部(一期)オープン
公園入場料は無料だが、施設利用や駐車場は有料。
大観覧車が再開、万博前の児童総合センターも。
人気だった「サツキとメイの家」の観覧予約は、5月15日から往復ハガキによる事前予約となる。料金大人500円、中高生以下250円。
問合わせはサツキとメイの家事務局(0561-64-1130)へ。
みっきい
2007年03月29日 12:16
2007年3月25日第2期オープンしました。
3月26日にモリコロパークへ行ってきました。
5月6日まで毎日、キッコロのスタンプを集める、ウウォークラリーが開かれていますよ。
愛・地球博ではマンモスの展示されていたグローバルハウスが元に戻されて、
中央エスカレーターを降りていくとスケート・プール場の入り口があり、
モリゾー・キッコロオリジナルグッズも販売しています。
大芝生広場から見て、
左側が「温水プール」3月21日~9月30日大人1000円、中学生以下400円
右側がアイススケート場、大人1400円、中学生以下800円、貸し靴300円

この記事へのトラックバック