京都伏見

今朝はゆっくりホテルを出て、京阪沿線、伏見へ行こうということになった。
京都に永年住んでいても、伏見へ行く機会は少ないそうだ。
それでも詳しい京都の友人が案内してくれて、お酒と歴史の香る町伏見へ。
京阪中書島駅下車、長建寺にお参りして、「十国舟」乗り場へ。
柳川を思い出させる、船頭さんと案内人との舟の旅40分。
酒蔵を眺め、柳の緑の枝を通ってくる心地良い自然の風をうけながら・・・・・。
琵琶湖の水が流れる疎水と、高瀬川lとの合流点をとおり、伏見みなと広場に出る。
「三栖閘門(みすこうもん)」は、淀川へつながる宇治川と濠川との間を舟が通航できるようにと作られた門で、昔の人の知恵には驚いた。

下船後「月桂冠大倉記念館」に入り、酒造り用具の形、名前に感心を持って見た。
出口で聞き酒が出来、お土産に友人たちも一瓶買った。
飲めないものでも口当たりのよい味に釣られて、赤い「プラムワイン」を買った。
今夕、家で食前酒に一口づつ飲んで、みっきいたちは赤うなった。

「伏見史跡・坂本龍馬の寺田屋」へも寄って、多くの見学者と共に2階にも上がり、
寺田屋事件を思い、明治維新を思った。今も泊まれる維新の旅籠とあった。

女のんびり3人旅、京都駅3時で3方向へ分かれて家路に向かった。
3時5分のぞみ、4時半には名古屋自宅にいた。京都は近いです。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック