かんにんね。

京都の師走の風物詩・・・大覚寺の「鯉上げ」は広沢の池です。
嵯峨野の紅葉見物として大覚寺に行ったとき見たのは大沢の池でした。

メールありがとう!  大変・・・訂正します! 広沢池の鯉揚げはそれで正しいのですが、大覚寺の私たちが散策した池は大沢池なのです。 きいちゃんが正しい。
私たちが見た池ではなく、大覚寺から500メートル位東にある池が広沢池で、私は勘違いしておりました。 お詫びして訂正します。
案内するならもう少しきちんとした知識が必要ですね。 かんにんね。
     (中略)
俳句はちっともできません。 ハイキング気分と良きお仲間に恵まれて楽しんでいるのみで、句会になるとションボリの連続です。
   

 その中に色変えぬ松大覚寺   芙美子  

芙美ちゃん、ええ句が出来ましたやん・・・。
常緑樹の松は緑のまんまやから、余計にもみじの紅葉が映えます。
もし松が赤くなったら、松ではなく枯れてしまいますもの。
芙美ちゃんは昔のまんま、色変えぬ緑の芙美ちゃんでした。
勝手に解釈書いてかんにんやで・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック