京野菜

きのう12月4日(火)朝9時30分 NHKのテレビ3番  「きょうの料理プラス」
     http://www.nhk.or.jp/partner/ryouriplus/index.html

伝統野菜と京料理の知恵  料理研究家・栄養士・小田真規子さんが、
冬の京野菜の代表「聖護院大根」を使った料理を教えてくださったり、
京野菜と京料理の知恵を、子どもたちに伝える農家や料理人の皆さんの取り組みなども
紹介して、京都の食文化の魅力を伝えていた。

上賀茂神社で、「京野菜の市」があったと放送した。
上賀茂神社と聞いただけで目が点になって見続けた。

堀川ごぼう・聖護院大根・九条ねぎ・壬生菜・・・京都の地名の付いた京野菜。

「振り売り」というのも紹介していた。
     「お揚げさんと炊いたらええ」
     「食べてや~」・「美味しいやろう?」・「いけずやなあ~」

静原は京都の北部、小学生15人の小学校での、
調理40年のベテラン調理人が指導して「はもとごぼうの柳川」を作り、
地もとの大豆で豆腐を作って、愛着のある材料でお吸い物も作っていた。
そして、おかあさんや地元の高齢者と共に試食していた。
次世代への体験学習に取り組んでいて、京野菜も受け継がれていくのだろうな。 

「すいぐき」もおいしい季節、注文しようかな・・・・・。
川を見ると「賀茂川か?」と聞いた母を思い出していた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

京の都
2007年12月05日 22:56
お久しぶりです。みっきいさん。
名古屋から京野菜を紹介していただきうれしい! 師走に入って霜が掛かると九条ねぎなどはことにおいしくなる。 先日、聖護院大根ではないけれど、お漬物用の大根を五百本くらい引いて洗って干してきました。
重労働だけどお正月過ぎにはおいしいたくあんが出来る。 友達との共同作業。 堀川ごぼうの調理方法はわかりません。 壬生菜は地元。
京野菜もブランドになり高嶺の花となりつつあり・・・
姪A
2007年12月06日 14:18
車に乗って矢作川をわたると「加茂川か?」
片側3車線の248号線を走ると「四条か?」
おばあちゃん、楽しかった(^^)
ちいこ
2007年12月06日 18:06
こんばんは^^
京野菜って聞いただけで
美味しいって感じます。
お上品なイメージですが
京都人の生活の中にあるんですよね。
2007年12月06日 21:00
みっきいさん、聖護院大根ってカブラのように丸くて大きい大根でしょう。懐かしいですね。最近は殆ど見たことがないです。普通の大根はご近所どこでも作っているのでよく頂くからでしょうね。
みっきい
2007年12月06日 21:20
京の都さん、こんばんわ~
テレビの受け売りで、京野菜のことも本当は良く知りません。
大根を500本も抜いて、たくあんを作られたのですか?
漬け上がるのが楽しみですね!
京野菜もブランドになり高嶺の花になっていくんですね。


みっきい
2007年12月06日 21:24
A子ちゃん、こんばんわ~
先だってはお便りありがとうございました。
川を見ると「賀茂川か?」はいつもでしたが、時折「これは賀茂川とは違うね!」という事がありました。
みっきい
2007年12月06日 21:48
ちいこさん、こんばんわ~
「京野菜」は美味しくって、上品なイメージありますよね。
私もそのように思います。
今や、「京野菜もブランドになり高嶺の花となりつつあり・・・」なんだそうです。
地域産消ではなく全国区になるからでしょうか、良し悪しですね。
みっきい
2007年12月06日 21:52
彦左さん、こんばんわ~
聖護院大根はカブラのように丸くて大きい大根のことです。
煮崩れしない少し硬い大根だと思います・・・。
普通の大根よりうんと高いのではないかしら?
大根の美味しい季節ですね!!

この記事へのトラックバック