平等院・・・10円硬貨の裏

   「宇治の平等院」

平等院の門はきれいな赤に塗られていた。
蓮の花が水鉢に植えられていて、風情があった。
画像


平安時代の約1000年前に建立された建造物や仏像が今に伝えられているという、すばらしい平等院。
丸窓の外から、平安時代の最高の仏師定朝によって作られた丈六の阿弥陀如来坐像のお顔を拝める。
1000年前に建てられた木造建築が現存し、その平等院鳳凰内内部を拝観(別途300円)出来た。
当然ながら柱や壁を触ったり、もたれたりしないように!と厳重な注意があり。
世界文化遺産にも登録されている。

画像画像


「宇治拾帖」をめぐりたいと思っていたが、時間に制限があり、また次の機会に!
それでも宇治のお抹茶がたっぷりかかった、「宇治金時氷」他を食べてきた。
宇治川にかかる宇治橋のたもとに、若かりし頃?と思われる「紫式部」の石像に出会った。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2008年08月21日 18:09
みっきいさん、京都・宇治へ行かれたのですか。
私も宇治が好きでよく行きます。散策するのも良いところです。
平等院は格別ですが宇治川周囲の風景も見事でしょう。懐かしく拝見いたしました。
みっきい
2008年08月21日 19:43
彦左さん、水・川のある風景は懐かしく・いいものですね!
自然な川あり山あり、歴史的遺産の建造物のある街の宇治の風景は心落ち着きますね。
平安時代の建築であり、女性作家の源氏物語であり、千年の歴史を感じる旅となりました。
2008年08月21日 22:46
こんばんは、平等院は昨年11月に40数年ぶりに行ってきました。埼玉からバスで行き京都でレンターカーを借り見てきました。中学校依頼の見学でした、当事の記憶はうっすらしか覚えていませんでした。10円玉の平等院を改めてきて感激の対面でした。
京の都
2008年08月21日 23:05
宇治へ来られたのね。 平等院は美しい建物ですね。思わず10円硬貨を見てしまいます。 宇治川のあたりよく吟行に行く場所の一つです。
折からの源氏物語千年紀の催しで源氏物語ミュージアムもいろんな資料が揃っていて見ごたえのある楽しいところです。
みっきい
2008年08月22日 20:26
野次喜多日記さん、こんばんわ~
40年ぶりに昨年、京都の平等院へもいらっしゃったのですね。
左右対称の十円硬貨の絵柄が、この平等院なのだと再確認し、
千年も前に建てられ、保存されてきたことに感動して拝観してきました。
元は赤い建物だったのでしょうね。
みっきい
2008年08月22日 20:36
京の都さん、こんばんわ~
源氏に関心のある友人がいて、石山寺から源氏物語ミュージアムへも行くつもりが時間切れになりました。
「宇治十帖」めぐりもなさったのですよね。
宇治川あたり・・・、吟行にはもってこいの場所ですね。
ここで一句!!・・・できたらいいわね!と話しておりました。

この記事へのトラックバック