名古屋税関へ

       歩いて知ろう会  名古屋税関へ行く
地下鉄 名古屋港下車1番出口 9時45分集合
名古屋税関は明治40年11月名古屋港開港と同時に大阪税関なごや税関支署として設置された。
その後昭和12年10月に名古屋税関として独立。
中部国際空港が開港した当圏は、国際物流・国際交流の拠点として発展する中で、
通関・課税・監視・密輸取り締まり等、たくさんの仕事をこなしている。

       密輸に関する情報は、財務省・税関まで!
         0120-461-961(シロイ-クロイ)
名古屋税関の職員1000人
   麻薬探知犬  全国120頭(名古屋16頭)
   大麻年間1トン阻止する(80%)
   トラック、コンテナごと・・・・X線にかける!
関税・・・国の産業を守るために輸入品にかける税金
   5兆6000億円(国の全収入の11%)
   9000種の輸入品に違う関税率
   開発途上国(セネガル・・)、後発開発国(モリタニア・・)の輸入品は関税が低い。
輸入してはならない物品・・・麻薬、拳銃、育成者権を侵害するもの(種・DNA)
   「麻黄」・・・・覚せい剤                    大麻の栽培(種) →10年で5倍
   「ケシ」・・・ヘロイン、アヘン、モルヒネ(医薬になる)
地球環境を守るための取組
   外来生物種、ワシントン条約(象牙、べっ甲)、フロンガス
   偽ブランド品・・・2万7000点焼却
   盗難車・・・愛知県で3万台

  * 水際でくいとめる!・・・日本を守るという正義感でやっている!

地下鉄名古屋港から上がってすぐで、歩かない会は、思いがけない位、知らない事を知ることができた。
1時間半では時間が足りない位、幅広い面白い話が聞けた。

この記事へのコメント

2009年02月20日 16:20
みっきいさん、歩いて知ろう会、税関の見学ですか。本当にいろんな所へ見学に行かれますね。相当知識が詰まってきますね。名古屋税関の職員1000人とありますがこんなに必要なのですね。海外へ行くと税関を通るのが一番イヤですね。何も悪いことしてないのにそう感じるのです。
みっきい
2009年02月20日 20:32
彦左さん、コメントありがとうございます。
歩いて知ろう会のお陰で税関へ行ってきました。
全国で9か所の税関があり、関税を取る仕事と、関所の仕事があるそうです。
密輸、麻薬の取り締まりは大変なようです。
海外旅行ではあまりにも厳重で嫌になりますわね。

この記事へのトラックバック