あいぞめ会 3月

       介護予防教室 「体を動かしましょう!」
有松コミセンで、3学区からの高齢さんが集まっての保健所の介護教室。
F先生の体操は、「体をいたわりましょう!」という体操で、優しいいつでもできる体操。
ハードな動きではなく、小さく、頑張らない、体をなぜる体操・・・。
呼吸をゆっくりはく時が体がほぐれる時で、息を止めないように。
「ゾウの鼻のゆらゆらのイメージで、体を揺らしてください!」
悲しみより怒り!が一番体に悪く、怒らないようにしよう。
笑顔が一番の良い影響を与えるそうである。
新しい人が来てくださり、みんなで自己紹介をした。
名前と住まいと出生地だけで、十分に会話が弾んだ・・・。

                新しくできた有松コミセン前、有松小学校前の小公園
画像
さくらの木は残った・・・!
   古いさくらの木が元のまま残り、桜のつぼみが膨らんでいた。
   句碑が立ち、ベンチの下には「東海道五十三次」の宿場の
   陶板が張り付いている。
   今日は子供たちが大勢遊んでいた・・・。
   小さい公園でも安心して遊べるね!

画像
   画面の右に有松コミセンと小学校。
   左が名鉄有松駅、後方に「有松絞会館」が見える。

市バス停にはHさんとHOさんがバス待ちだったので、
   声かけて写真を撮った。
   Hさんとは50歳になった時、市営プールで出会った。
   「前畑ガンバレ!の前畑さん」がプールサイドで指導しておられた時。
   Hさんは年上だけれど、とても親切丁寧なお方である。
   HOさんと二人で来てくださるのでもう10年以上のお付き合い・・・。
   「敬老パス持ってないでしょう?」と聞いてこられる・・・。
「3月19日には89歳になります」というNさんが来てくださった。
   「今が青春」といつもおっしゃる、笑顔のいっぱいのしゃんとした先輩女性。
「ちょっと恥ずかしいけど、お腹見てくださる?」とNさんは服を上げられる・・・。
   「帯状疱疹の跡が残っていない?」「赤くなあい?」・・・保健師さんではなく私。

来年度から4カ月かけて同じ体操を覚えるそうである。  
   1年後には、この健康教室は学区ごとに自主運営されるようになるそうだ。
   もうすでに学区での自主運営は進んでいるが、ここ有松は3学区から集まっている。
   「十分に地元でできると思います」と、保健師さんに言った。
   保健所のボラとしての参加をしてきたが是非、地元の皆さんで運営してください。
                           有松小学校の校門前の花
画像

この記事へのコメント

2010年03月17日 17:50
みっきいさん、介護予防教室にも参加されているのでしたね。スバラシイ。
先日、老人会総会の準備会で転倒防止体操を習おうじゃ無いですかと提案しました。皆さん賛成してくれました。有松小学校の校門前の花を見たくて
クリックしましたが大きくなりませんでした。
みっきい
2010年03月17日 20:24
彦左さんコメントありがとうございます。
転倒防止体操もいいですね。
4月からはどこででもできる体操を教えていただけるようです。
ラジオ体操のように、高齢者が集まったときや家でする体操です。
小学校校門前の花が、コミセンの窓から見えていたので撮りました。
パンジーの後ろにはアネモネが咲いていました。
瓦の乗った黒い高塀で、トリミングしているうちに、小さくなりすぎましたね。

この記事へのトラックバック