京都・渉成園で「つくし」発見!

            つくしの会  ~⑤~
女3人は別れがたくって、京都駅から歩いてお東さんの別荘「渉成園」へ行くことにした。
京都のFちゃんが詳しく、ここにも吟行で来たことがあるという。
東本願寺は烏丸八条、京都駅にもうすぐ着く!と言う場所にある。
修学旅行生らしい学生とハトがたくさんいて目についた。
ここでは「ハト豆」を売っているので、ハトも増えるだろう・・・。

東本願寺
画像
画像



名勝 渉成園の十三景・・・
   東本願寺の飛び地境内地(別荘)であって、京都駅タワーが見えるすぐ近く、10分ほど歩く。
   枳殻邸とも呼ばれていて、「カラタチ」と言う漢字を知ったのである。
   からたちの生垣があったそうで、今も残って白い花が咲いていた。
   Mちゃんが歌ってくれる~~

      カラタチの花が咲いたよ~♪~            (北原白秋)
      からたち、からたち、からた~ちのは~な~よ♪  (島倉千代子の歌)
   
   程よく手入れ、落ち葉や雑草も自然に近く、高瀬川から引かれたせせらぎが優しく・・・、
   腰をおろして、「あやめか?菖蒲か?カキツバタ・・・」を眺めていた・・・。

画像

     回棹廊(かいとうろう)                              八重桜の 里ざくら
画像画像 

つくし発見!
   どっかと腰を下ろしたので見つけられたのだが、『つくし』が生えていた・・・。
   季節は過ぎ、か細く小さいが、まぎれもなく「つくし」なのだ・・・。
   3人で確認してカメラに撮った。
   
画像

  
     つんつんと 頭もたげし つくし・・・・ 

   小学校の6年生の教室の黒板の上に貼ってあった、I先生の詩から、
   6年雪組は「つくしの会」としたのだ。
   あれからもう60年近い年月が経ち、いつの間にか「古希」を迎える高齢者となっていた。
   それぞれの持ち場で、違う人生を送ってきたが、集まった20人、
   それぞれの顔のしわの年輪は違えども、深く味わいある穏やかなものになっていた。 ~おわり~


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年04月25日 16:40
渉成園は行ったことがあります。観光客もあまり来ない落ち着いて庭園散策のできる所ですね。
もう少し早い時でしたが散った桜が小さな流れに花いかだとなって流れていくのを感傷的に眺めていました。
ここでツクシを発見されたとか、ツクシの会の皆さんが来るのを待っていたかのようですね。
みっきい
2010年04月25日 20:00
ミニミニ放送局さん、コメントありがとうございます。
渉成園へは行かれたことがあるのですね。
赤い葉と一緒に大きな八重桜が見事に咲いていて、春らしい庭園でした。
せせらぎの両側にはアヤメやカキツバタが咲きだしていました。
その川のそばに「つくし」を見つけて、
待っていてくれたのでしょうか!?感激いたしました。

この記事へのトラックバック