やまぼうしの街路樹~

画像

緑区の大清水、水広下池は、ただいま新築住宅がどんどん建っている地域。
特養施設を目指して約5km。7000歩あまり、往復1時間・・・歩く。
左手ずっとずっと向こうに「桃山給水塔」「東山タワー」が見え、山は御岳か?
名古屋駅の高層ビル群ももっと左に、かすんで見えている・・・、ここは名古屋のはずれ。
雨が降りそうで折りたたみ傘を持っていたが、どんより曇ったり晴れたりしていた。
中京競馬場は工事中の為に近道の駐車場が通れずに、車の多い道を遠回りして歩いた。
バスがないので歩く以外に来られない・・・。
歩くにはちょうど良い距離と天気!有難いことだ!!

画像
画像


先月は特養前の公園の「ハナミズキ」を見てきたが、そのハナミズキ科の「やまぼうし」。
今日は新しい道路の両側の街路樹が「やまぼうし」の白い花をつけていた。
華やかではないが、白い素朴な清潔な花だと思う。

21期のKさんと、22期同じクラスのSさんとの3人が当番。
結構お客さんが多くってひっきりなしにおいでになって忙しかった。

1番に来られたAさんは「80歳で歯が20本以上あって、褒められたの!」という。
「3人いたのに、1人亡くなった・・・」とも。
「喫茶に来るのが楽しみなのよ!」と、何人かの方。
私達もみなさんにお会いできて、うれしい!!と伝えた。
(又来月ね!と、7月当番を書き入れてきた)




この記事へのコメント

野次喜多日記
2010年05月27日 10:02
ボランティアを兼ねての徒歩が回を重ねてかなりの歩数でしょうね。そして、季節にいろいろら風景が眺められていますね。
白い花、ハンカチの花かなと思いましたら、やまぼうしですか、(山帽子、山法師とも書くようですね、)ブログをはじめていろいろ勉強になりますね。

80歳で20本の歯がご自分とはすばらしい方がいますね、私も今のところ入れ歯はなく、毎日歯肉をマッサージしていますとしっかりしてきますね。いつまでも自分の歯を守って生きたいと思います。
みっきい
2010年05月27日 20:16
野次喜多日記さん、コメントありがとうございます。
やまぼうしの街路樹は、落ち着いた雰囲気でした。
山帽子、山法師とも書くのですか?
知らないことを教えていただくのはうれしいことです!
特養の入所さんで、自分の歯が20本あるという方はすばらしいですね。
「8010運動」と言うのがありますが、野次喜多日記さんは歯肉のマッサージで元気な歯をお持ちとのこと、是非一生涯自分の歯で食事を取ってくださいね。


この記事へのトラックバック