10月 あいぞめかい・・・

     あいぞめ会 10月は  「体をを動かしましょう」
保健所の介護予防教室は、13時から有松コミセンで開かれた。
F先生の体操は、ゆっくり、優しく体を動かす、癒しの体操なのだ。
背筋を伸ばし背中を曲げないように、
呼吸はゆっくりと吐く時がリラックスできるのだそうだ

体をなぜる・・・、痛くない程度に引っ張る、押すこともある。

二人ひと組になってお互いの背中をなぜあった・・・。
    たたくのではなく、手でなぜつけていくのだ。
    こんなに気持ちのいいのはなぜなのか?
    たぶん背中をなぜてくれている人の優しさが、気持ちよく伝わってくるのではないか。

さいごには「ハワイのフラダンス風」の体操をして体が柔らかくリラックスした。

3時になって、暑いお茶を飲みながら、みんなでガヤガヤ・・・
    ・保健師さんのストレス解消法・・・「ゴキブリ体操」
        床に寝そべった保健師さん、手足をあげてバタバタ…、大きな声でいやな事を言う。
    ・名前の由来を語りあう・・・どうして親はこういう名前を付けてくれたのか?
        戦争の時代、「勝つ」と言う字の方もいらした。
        聞いたことが無いという方も。
        私は「母と祖母の名前から付けてもらいました」と話した。
    ・年長のNさんが骨折して入院されたそうで、みんなで心配している・・・。
        早く良くなって、出てきてくださいね、待っています。


        ::::::::::::::::::::::::::::::::::


昨日の一歩の会で盛り上がったのは、NHKの朝一番で「お墓」を取り上げていた事。

「あの世離婚」と言うのは初耳だが、夫の家の墓には入りたくない・・・と言う方もある。
そのお墓の話題では、みんな抱えている現実問題。
心のよりどころとして、ご先祖とのつながりを思う私たち年代でも考える・・・。
「合同墓がいいんじゃない?」という意見もあったが。  

    “子供の代には迷惑をかけたくない”


この記事へのコメント

2010年10月20日 10:55
背中を撫でる、気持ちがいいんでしょうね。
人に背中を撫でて貰うことなんか、普段は無いです
ものね。優しい手のぬくもりがいいのでしょうね。
骨折されたNさん、骨折は長引きますね。
早くよくなられるといいですね。
お墓の問題、切実ですね。夫と同じ墓に入りたく
ないというのも分かるような気がする。
”子供の代には迷惑をかけたくない”
みんなそう思ってるのですよね。
みっきい
2010年10月20日 17:25
いつもばらいろさん、コメントありがとうございます。
背中を撫ぜてもらうと、本当に気持ちが良かったです。
この日の体操は、きつい体操でなくって、全身を動かしてなぜるものでした。
それだけで血流も筋力も着くそうです。
Nさんのことまで心配してくださりありがとう様!!
骨折は怖いですね!寝たきりにならないようにと…願います。
お墓は次世代にお願いする以外出来ないことですので、
お墓の問題も時代によって変わっていかなければ仕様がありませんね。
迷惑かけないようにと思う気持ち…、大切にしたいと思います。

2010年10月20日 19:23
子どもに世話にならない最期
葬式・お墓の問題・・・しっかりと考えておきたい問題ですね。
みっきい
2010年10月20日 19:39
Tatehikoさん、コメントありがとうございます。
子供に迷惑をかけないつもりでいても、どうなるか分かりません。
世話をかけることになるかもしれません。
良い人間関係を作っておく必要がありますね。

この記事へのトラックバック