歩OB会 稲沢市 荻須記念美術館 ②

稲沢市荻須記念美術館(いなざわしおぎすきねんびじゅつかん)は、
 愛知県稲沢市の稲沢公園内にある公立の美術館 …
 収蔵作品数: 195点
 専門分野: 荻須高徳
 館長: 山田美佐子

ここも館内写真撮影禁止となっていて、パンフレットから~
画像

画像

  「金のかたつむり」       「広告のある家」”パリの屋根の下”1931年 
画像
画像





画像




画像


画像
画像


パリのアトリエの再現
画像

階段を上がって2階からアトリエを見下ろすだけだった。
画像

荻須高徳(1901~1986年 84歳没) 文化勲章受章 愛知県稲沢市出身
荻須画伯が描いたパリは、堅実な市民の生活の場で、何気ない街角の風景に詩情が漂う。
館長さんが説明して下さって、「OGISU」ではなく「Oguiss]と、フランス語に近くなっているそうだ。
常設展は3室、パリの下町風景が多い中に、イタリアの「水の都」ベネチア風景、運河と路地サンマルコ広場の絵もたくさんあり、10年も前にイタリア旅行したMさんと、「行ったね!見てきたね!」と、思いだしていた。
市民の写真展も見てきた。


ランチは 美寿吉(みずきち) 和食の店で、お昼御膳
画像4人卓、22期同期のAさん守山区、「しだみの古墳パンフレット」もって来て下さった。
25期天白区の方、30期のSさん、話を盛り上げてくれる70歳。
「誤飲しないための講演」をきいてきたそうで知ってますか??と聞いてくる・…。
その通り!!と話し上手聞き上手な方。
後で気が付いたのだが・・・、もしかしたら、彼も鳥の鳴き声に驚き、鳥を見つけてカメラを向けていた方かも?

「今日はしんがりにおつきあいくださってありがとう!」とライン入れたら、
「たくさん歩きましたね!参加するといろんな方とお話が出来ていいですね!7月もお会いしましょう!」と
30期のIさんから返信が来た。


 ~~あの木は何の木? あの鳥はなんていう鳥?~~
いつも知らないこと、疑問があってもそのままの事が多いが、今回は調べてみた。
並木道の大木は「トチノキ」。稲沢市の地図に「トチノキ通り」がヒント。
甲高い声の鳥は「ケリ」だと検索して確信した。
画像


ケリ<
 ケリ(鳧、計里、水札、学名:Vanellus cinereus)は、チドリ目チドリ科タゲリ属に分類される鳥類の一種。
モンゴル、中国北東部、日本で繁殖する。冬には東南アジア、中国南部などに渡るものもいる。日本においては留鳥として、かつては主に東北地方に近年は分布が拡大し、中部地方、関西地方を中心とした近畿以北の本州に分布する。
繁殖期と子育て期には「キリッ」「ケリッ」と甲高い鳴き声から名前が付いたそうだ。
ウエブからお借りした写真
画像
画像


トチノキ
 トチノキ(栃、橡、栃の木、学名:Aesculus turbinata)とは、ムクロジ科(クロンキスト体系ではトチノキ科とする)トチノキ属の落葉広葉樹。
近縁種で西洋栃の木 (セイヨウトチノキ)はフランス語名のマロニエとして親しまれている。
丈夫で樹齢も長く、最近は街路樹として見かけることが多い。
画像
画像

パリでは「マロニエの並木道」が有名だが、この紅花栃の木(ベニバナトチノキ)もよく植えられているという。
画像花が咲いていなかったのが、目が行かなかったのか分かりにくかったが、
ベニバナトチノキ」は、先月5月20日バス旅行で、長野県茅野の「蓼科バラクラ」の玄関前で会っている。
そうだ、パリのマロニエの並木道も歩いたことがあった…。
日本の「トチノキ」の実の「栃木せんべい」は堅いけど大好きなおせんべいなのだ。


               。。。。。。。 

歩OB会 性海寺あじさい見物 ①

歩いて知ろうOB会  6月例会  28期担当
稲沢市 荻須記念美術館と性開寺(しょうかいじ)紫陽花見学
 2019年6月21日(金)
 名鉄 国府宮駅 集合  バス10:17  
 参加費 荻須美術館240円、性海寺拝観料300円、ランチ1080円

<荻須記念美術館>
1983年に開館、荻須高徳が生前稲沢に寄贈した作品を中心に常設展示している他、特別展や企画展が開催される。代表的な展示物としては「金のかたつむり」「サンダメールの市場」等があり。
性海寺
性海寺は、1200年前に空海により創建。
本堂、多宝塔など4点は国指定重要文化財になっている。
性海寺は、アジサイ寺の方が有名で、園内には90種1万株が植栽されている。
あじさい祭は6月初め~中旬間ですが、6月いっぱい楽しむことが出来るそうです。


~~最後尾を歩く~~

稲沢市ははだか祭りで有名な「国府宮神社」があり、
イチョウの実の「ぎんなん」の産地というイメージ。
オカリナの先生のお住まいの稲沢・・・。
名鉄国府宮駅からバス乗車約30名、あと30名は歩いて10分、
バス下車したら、徒歩の会員と同時になって美術館へ向かう。

名古屋文理大の校舎をぐるっと回り、田園のある風景の中、約10分歩く・・・。
この街路樹は何の木??みんなわからない??
見た事のない聞いたことのない鳥の激しい鳴き声の主?あの鳥はなあに?
飛びあがったら白い羽根が見えて30センチくらいの鳥、確かに2羽いた~~求愛の声だった・・・。
間に合わない。みんなから更に遅れる・・・。

紫陽花の花が見えてきた~
画像

画像

最後尾になって、旗を持った役員さんや30期Iさん、22期友人のMさん・・・
画像
画像


大塚山 性海寺(しょうかいじ)に到着
ここが見どころ…古墳のてっぺんへ上がる階段あり、右手に本堂がある。
画像

本堂に上がって住職からの説明を受けた。
画像

画像
画像

本堂はこちら→渡り廊下から移動~ (正座できないので、境内で外から拝観した)
画像

画像

画像

画像


画像


画像


大塚山古墳の上にアジサイが植栽されていた。
画像

画像

あじさい歴史公園 入口→階段へ
養生してあるアジサイや、珍しい花もあった。
画像

画像

画像
画像

画像

画像
画像


画像


画像


画像
画像

画像

画像


画像
画像




 ~~みんな集まれ  記念写真~~
画像


名古屋市の高年大学、クラブのOB会に参加してきた。
本日の6月例会の参加者は61名とか、今年から32期が担当。

私たち22期は3人になったが10年も続いている…。
杖ついて迷惑かけないように・・・、やっぱり遅れるけれど・・・、歩いてきた。

  歩OB会 稲沢市荻須記念美術館 ②    (つづく)

         。。。。。。。。。。。。。。。。。。



ひまわりの会 6月~ 

6月17日(月) 童謡の集い「ひまわりの会」・・・集会所へ


A(アルト)グル―プ  2;00より 特訓?ありがとう!
花鳥風月を歌う
♪花 ♪みかんの花咲く丘 ♪浜千鳥 ♪緑のそよ風 ♪お月さんとぼうや

全体で2:40~
8集
♪かたつむり  文部省唱歌  明治44年
        陸生巻貝 平安時代は 「まいまいかたつぶり」
       「でんでんむし」…角出せ、出せ出せから、(108年くらい前)

♪蛙の笛    斉藤信夫 作詞  貝沼実 作曲
        昭和21年の夜更けの作詞、斎藤信夫への応援歌

♪夏の思い出   江間章子 作詞  中田喜直 作曲

♪かもめの水兵さん   武内俊子 作詞  河村光陽 作曲
     かもめの水兵さんの歌詞を覚える・・・
       1、並んだ水兵さん  →うかんでる
       2、かけ足水兵さん  →こえていく
       3、ずぶぬれ水兵さん →おせんたく
       4、なかよし水兵さん →ゆれている 

♪ビリーブ 歌と手話
     どこがわからないのか?確認するように!

金子みすゞ詩による童謡歌曲集  中田喜直 曲
つゆ  ♪みんなをすきに  ♪おさかな  ♪星とたんぽぽ
「金子みすゞこころ」より (佼成出版社)プリントいただく。
 「つゆ」 
画像


ちょっと休憩 お茶タイム

  パンダのお菓子( ^ω^)・・・さぬき和三本のお干菓子

画像
画像


東京上野動物園で生まれたパンダの「シャンシャン」も2歳の誕生日を迎えた。

何とも可愛いパンダの人気はずっと続いているが、私も実際に見て見たい!と思う。

 ~~可愛いい! 食べられない!~~

と言いながら、持ち帰って、お留守番の夫様と半分に割ってパンダを食べちゃった。


      ~~~~~~~~~~ 



~~集会所からの帰り道~~


大先輩のSさんに久しぶりにお会いする。

「外出が難しくなって、友人が少なくなり、何日も話さないことがあるのよ」

 (源氏物語のお勉強、スポーツセンターでの体操教室等お出かけだった)


「今日は『童謡を歌う会』にいってきたんですよ」

「Sさんもいかがですか?近くの集会所です」

お互いに「」には勝てないね!!お元気でね!!


     。。。。。。。。。。。。。。


Kさん、足も痛いそうで、たくさん歩けない…と言いながら散歩を続けていらっしゃる。

「ブログ見せていただきましたよ!」と、声かけてくださる・・・。

Kさんのお庭の花を撮らせていただいた。

「これは何の花??」

画像

画像

Kさんからのライン写真を送ってくださった。

~~カサブランカが咲きました、見てね!~~

画像

画像

 わぁっ~ステキ! たくさんつぼみがついてますね!

 いい香りもするでしょう! Thank you♪ みっきい



         。。。。。。。。。。  

滝の水公園へ  

滝の水中央公園
往復300段の階段を上がって、360度の天空から~~名古屋市内一望
名古屋港のトリトンが見え、名古屋駅前のビル群、東山タワー、瀬戸市、
藤田医科大学病院、中京競馬場・・・、遠くの御岳や伊吹山も見えるそうだが、
今日は快晴ではなく、遠くの山が見なかったのが少々残念!
滝の水公園は夜景スポットとして人気がある。
画像
画像


地球は丸い??と思ってみたり、上は全部空!空が広がって大きい!・・・なんて。
大草原みたいに見えるという妹。
滝ノ水なのに、滝はないの?ない! (4.11haの野原)
画像

岩をくり抜いた穴から顔を出してくれる妹はおばあちゃん!お茶目さん! 
 ~~覗いている妹…バンザ~~イの妹!~~
画像

画像

キイチゴ
石段を上がっていくと、「あっサクランボ」「いや違う、桜の木じゃない」「実が粒粒してる」
一粒食べてみたら「甘~~い! 食べてみぃ~」、後からザラザラの苦みも残ったが…。
画像

画像

ネジバナ見つけ! 名も知らない小さい野草がいっぱい咲いている!!
画像


名市大薬学部創設の地

画像

看板から
 1959(S34) 伊勢湾台風のゴミの山がここに集められた。
 1989 (H1) 都市公園として「滝の水公園」になった。

ここ駐車場にも案内板。 
ツタが覆おってしまっているが、「伊勢湾台風後の集積物から出来た公園」とある。
画像

 
五姉妹会6月は、6月12日(水)
一人欠席(いくらでも曜日変更できるのよ、ケンさんの検査は如何でした?)
1時になって、 四季亭で中華風ランチを食べてきた。

5月のフォトブック 愛知牧場」 nohanaアルバムを作ってきてくれた。
そして、ふくろうのブローチなど3種もらった。
妹の猫ちゃんのかかりつけ獣医さんのお母さんからの提供らしい。 
画像

私たち五姉妹のシンボルとしたいね!といったら、
「トドの会」の方がいいという妹がいて・・・(笑)



           。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 ~~梅の香り~~青梅の香り~~
今年も梅干しを作ろうと、梅干しバーさんはイソイソト。
2kgの青梅の水が上がり、赤しそを入れて漬け込んだ。
梅雨明けになったら…、干そうと思っている。
画像


ノウゼンカズラが咲き出して、夏が来たんだなぁ~~
画像


千日紅も仲間入り、暑苦しい?
画像


              。。。。。。。。。。。。。。。。 

☆鎌倉あじさい☆ ★サクランボ★

鎌倉へあじさいの花見物に行ってきたという仲良し孫娘3人。
ライン写真アルバムを送ってきてくれたその一部。
                        
画像

鎌倉の「明月寺」へ行くと言っていた・・・。
アジサイの花の写真もたくさん撮ってあった。
画像

大人になった孫娘!
画像

画像

画像

おみやげの「せんべい」は、 未だ写真のみ。
これから届くが、嬉しいなぁ~ありがとう!
画像


梅雨の季節を迎えたのに、我が家のアジサイ、今年は花がひとつも咲かない。
墨田の花火」の咲かない葉っぱに、かたつむりがひとつ乗っていた。
画像


             ~~~~~~~~~~~~


友人のヒサコさん、「サクランボ狩り」に行ってきたよ!とライン写真をもらった。

大洲七椙(オオシマナナスギ)神社  長野県・松川町
7本の大杉が立ち並び、パワースポットとなっているそうだ。
           ~樹齢千年を超える御神木~
画像
画像

画像

画像


サクランボを105個も食べてきたというヒサコさん、もうびっくり!
同行のKさんも、高年大学のクラスメイト(昨年 再入学されたそうだ)
~~お元気で、仲良く、大いに遊び、大いに楽しんでくださいね!~~

          ~~~~~~~~~~~~

ツバメ~

今年は身近に 「つばめ」が飛んでいるのをよく見かける・・・。
一応名古屋市内で、近くに田んぼは全くない。
一歩近郊へ行けば一面の水田も見られるという緑の多い地区ではある。
以前、名鉄電車の駅の天井にツバメの巣があって、下に「落下物注意!」と敷物があった。

 ~~ ご近所にツバメの巣を発見! ~~
ツバメの飛翔や、鳴き声が聞こえていたが、本当に巣があったのだ。

車庫から出て来て、電線に止まるツバメ!
車庫の天井の電気の笠の後ろにある。
画像

画像


豊田の妹から聞いた話
安城に近い豊田市で、田植えの済んだ田園風景はたっぷりと見られるところ。
今年、軒下にツバメの巣が出来て喜んで観察していたそうだ。
ところが「スズメ」が襲ってきて 、(あの可愛いチュンチュンスズメがそんなぁ~)
幼鳥がひとつ落下していたそうだ。
野鳥は拾っても育たないというけれど、
エサを与えると食べて元気に鳴いているそうだ。 (どうなったか気になる)
 

 ~~ 子ツバメが4羽顔を出していた・・・。~~ 
リハビリに通っている老人保健施設の中庭の軒端の空気穴の上に、先週のこと、ビックリ!
画像

画像

次の週に見たら、もう巣立ってしまって、空っぽになっていた…残念。
6月1日、TPのOさんのお誕生日に巣だったそうだ。 おめでとう!

      。。。。。。。。。。。

7日(金)
 リハビリの短日コースの部屋にアジサイの花が生けてあった。
真白の「アナベル」 そして「サラソージュ」と名前が書いてあった。
清々しい気分になった。 (写真がない)
ガラスの花瓶に白いアジサイの花「アナベル」がギュッと詰まって寄り添っていた。
隣に「サラソージュ」の花…単純頭は、ふっと口に出た・・・。 (平家物語 第1巻)
 ~~ 祇園精舎の鐘の声~諸行無常の響きあり~沙羅双樹の~~

リハビリ実施内容
□マシントレーニング □歩行練習 □グループ体操 □その他
□リラクゼーション(ホットパック・メドマー・滑車運動・電動サイクロマシン)
 新聞、週刊誌を見たり、居眠りもする。

 ~~ 週刊誌の袋とじ、開いてください!~~ (男性週刊誌ではないよ)
名文を読めば心と体が整う!
 「大人のための1分音読」
 (山口謡司著 自由国民社 P127 定価1300円)
黙読した中に、「平家物語」「吾輩は猫である」「外郎売」「千恵子抄」 etc.・・・
どうして袋とじになっていたのか?わからないけど。
 

     。。。。。。。。。。。。。。。。


工事中の
圧線鉄塔の上から、マイク声が聞こえてくる・・・。
高い鉄塔の上に、二人の人が見えて、びっくり!下の人と連絡している。
高所恐怖症には出来ない仕事!ご苦労様!気を付けてね!
画像

画像

画像


 
        。。。。。。。。。。。。。。。。



金糸梅と ひまわりの会♪

中京競馬場への専用道路のプロムナード
クスノキの大木の下には、ツツジが終わって剪定され、その間にキンシバイが咲いている。
自動給水装置がついていてる釣り鉢が晴れやかな花を咲かせている。
画像

画像

キンシバイ,、まつ毛の長いビヨウヤナギか!
画像


「金糸梅」と覚えた漢字の花が、元気な黄色い花を咲かせている!!
キンシバイ(金糸梅、学名:Hypericum patulum)は
オトギリソウ科オトギリソウ属の半落葉小低木。
ヒペリカムは、オトギリソウ属のラテン名だそうだ。
江戸時代に中国からきた金糸梅、最近の西洋キンシバイ、おしべの長いビヨウヤナギなど、
丈夫で元気なキンシバイは何種類もあるようだ。

集会所横の どんぐり広場公園にもキンシバイがある。
画像

画像

近くの畑から見上げた大空!! 
何の花だったか?紫色のハギのような花。赤い丸い実は何だったかな?ユスラウメ?
画像

画像
画像


愛知用水上の500m公園にもキンシバイが咲いている。
桜の木が並んでいる木の下や壁面に、ずらっと咲いている・・・。
画像

画像

画像

ワタスゲ??
画像


この500メートル公園を往復2周すると2㎞になる。
ご近所のHさんは心不全になって、散歩を心がけていらっしゃるそうだ。
集会所へ一緒に童謡の会へ行っていた奥様も体調悪く、デーに3日行っているそうだ。
老々介護、お互いに頑張りましょう!!



         ~~~~~~~~~~

6月3日(月) ひまわりの会・・・集会所へ
Sグループ(ソプラノ)が2時からで、A(アルト)が2時半からだった。

童謡の集いは今、来年10月予定の発表会に向けて練習を重ねている。
 ~~「後1年なんてすぐですよ!」~~  

歌集の7集より
♪バラが咲いた ♪上を向いて歩こう ♪学生時代 ♪遠くへ行きたい
花鳥風月より
♪風のカーニバル ♪みかんの花咲く丘 ♪お月さんとぼうや ♪浜千鳥
金子みすゞ詩による童謡歌曲集   中田喜直 曲
♪つゆ ♪こだまでしょうか ♪みんなをすきに  
手話  ♪ビリーブ

H先生の歌のご指導がとっても褒め上手で楽しく、笑顔の表情で声出しして下さる。
なるほど、さすが!という思いを伝授してくださる。

歌心を伝えるためにはやっぱり暗記にかぎると思うが、
「浜千鳥」を歌っていると哀愁に心揺さぶられて、歌詞が入ってくる…。
何回も歌って練習する必要があるということ。(私すぐ忘れるので…)

「後1年なんてすぐですよ!」  
来年2020オリンピックあり、発表会があり、元気でいなければならない!と心している。
これを生き甲斐と言うのだろうか?目標があるという事は私には大変;・・・よ・ろ・し・・・。


         ~~~~~~~~~~



ざわざわ森の栗の花と 竹の秋~~

6月2日(日)  ざわざわ森クラブ6月 園内整備作業
自由参加となっていて、男性群が柿畑の下草刈りなどをし
畑の玉ねぎを掘り上げたり、ビワの実を味見した。

栗の木の花は「なんじゃもんじゃ」かと見間違うばかりに真っ白に咲いている。
大木になった栗は秋になって、ゆすって取るんだろうか?落下待ち?
画像

画像

エノキの実が黒くなっていた。
画像


〇田さん、I〇さん、と私は、蚊に刺されながら観察!?
アケビの実が膨らんできている!うれしいね!」
「ウツギ科のゴンズイも小さな実をつけている!」
ウメモドキは雌雄異株。 かわいい花がついている。 
画像

画像


山道の落ち葉掃き、風が吹けば元の木阿弥になるだろうけど、月1の私の仕事と思っている。
蚊に刺されながら・・・、栗の花の香が匂ってくるざわざわ森の小道・・・。
落ち葉に黄色い竹の葉がたくさん交じっている。

  ~~竹の秋~~
竹の子が成長すると、竹の葉が黄色くなって落ち葉となる5月の季語だそうだ。
麦秋と言うのは知っているが、今が竹の秋と〇田さんに教えてもらった。

畑で玉ねぎを堀り、縛ったりカゴに入れて保存した。
ビワがあかくなってきていた・・・。
もう鳥が食べに来ている??まだ!
という事は、未だ完熟していないという事。
木からもいで食べると、甘いのやすっぱいのがあった。
ビワと玉ねぎを、少しもらってかえった。
画像


        。。。。。。。。.。。。。

昼前に娘が遊びに来てくれたが、すごい人と車の渋滞で遅くなったと。
国道1号線は普段でも鳴海・有松・豊明は渋滞するが、
6月2日目の「有松絞り祭り」、豊明市の「桶狭間古戦場まつり」「名鉄ハイキング」と、重なったようだ。

怖い娘にはなり切れないけれど、父親の体を案じて忠告していた。
ありがとうね!! 九州旅行楽しんできてね。

画像
  


               **********    **********



有松絞り祭りのにぎわい~

35回 有松絞り祭り 
 2019年6月1日(土)2日(日)
 名古屋市緑区の旧東海道の有松で毎年「有松絞りまつり」が開催された。

 16年には「重要伝統的建造物群保存地区」(重伝建)に選ばれ、
 19年5月には「日本遺産」に認定されたという有松地区だ。

 有松絞りは、江戸時代に誕生し、現在まで400年受け継がれてきた絞りの伝統工芸。

旧東海道の町並みが残る狭い街道は、人・人で混雑していた。
有松絞り会館』が向うに見える・・・。
画像


撮影会があって、大きなカメラを持ったカメラマンがいっぱい。
その後ろから、絞りの浴衣姿のきれいなモデルさんをパチリ!
画像


画像


今日は気温がウナギ登りに上がり、暑い暑い上天気!
  ~~「氷」食べたくなるよね~~
画像

画像



混雑する商業祭り
国道1号線左方から 名鉄『有松駅』への道路、
信号の交差点に「総合案内所」があり、右側が「西町」となる。
今回は「東町」の絞り会館や山車会館方面を歩いてきた・・・。
画像

右が「絞り会館」、左「信用金庫」の駐車場がテーブル席に変身。
奧の竹やぶ前に舞台がある。
画像


画像

画像


画像


画像

画像


東町「布袋車」カラクリの山車
画像


画像


名鉄有松駅前、イオン広場では屋台が並びいろんなイベントが計画されていた
1日はダンス2日は地元中高大学生の楽器演奏が聴けるそうだ。
若い人たちの参加はとっても良い事だと思う。
画像


臨時駐車場が県営大高緑地公園にあり、シャトルバスでの臨時発車があったようだ。

1日(土)、市バスで有松まで行ったのだが、交通渋滞でバスは遅延してしまった。
豊川市から友だちTさんが待っていてくれて、絞り祭りを楽しんできた。
ほとんで、日陰に座っておしゃべりしていた・・・。

混雑の中、地元のMさん、Hさん、Sさんや、Bさんが声かけてくださって嬉しかったぁ。
今年も絞り祭りに出かけることが出来て、今日の「元気」に感謝だった。

暑中見舞い状・・・有松郵便局 店頭販売 「ここだけでしか買えない!」に弱い。
画像

画像


玄関の花は夏色!
画像

画像