テーマ:母きよさん

母の13回忌法要の後  ②

午後からの参加者もあり、貸し切りになった会場は、お洒落な「ガトー・フルール」へ。 法事の後というより、賑々しい誰かさんの披露宴みたいな?いとこ会?になった! 子どものころの面影が残り「久しぶりね!」「変わってないね!」 そして父親母親にそっくりの甥や姪の子供たちが来てくれた・・・。 なぜかやっぱり親に似ている・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★赤いひとつ身の浴衣★

                  可愛いいキティーちゃんの浴衣 母きよさんは、京都の呉服屋さんの仕立て物を内職にしていた頃もあって和裁の腕はプロ級。 母きよさんは高齢になっていてボケ症状も出てきていたが、ひ孫のひとつ身の浴衣も縫ってくれた。 もう15年も前の話になるのか・・・? ひ孫たちは中高校生になっている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

錦秋の京都…知恩院へ

     京都知恩院さんへ、母きよさんの納骨に行く~11月22日(日) 新幹線こだま、豊橋から安城から名古屋から6人が乗り合わせて京都へ。     最後の最後まで母きよさんの面倒を見てくれた妹夫婦に感謝!     妹つれあいKさん(義弟)がボディーガードとなって、五姉妹揃っての納骨。            「あっ、お母ちゃんの加…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

誕生があり死がある・・・

早いもので母きよさんが亡くなって、丸っと3年になる・・・。    「今日は祥月命日」 お墓参りには行くが、お墓の前で泣いたりしない娘たち(5人ともおばあちゃん)・・・。 「千の風になって~♪」の歌ではないが風になって、 いつも私たちを見ていてくれる…と思うことにしている・・・。 心の中で生き続けている・・・と。     孫か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

妹の畑へ

紫エンドウ(ツタンカーメン豆)のご飯を炊いた。 ①炊飯器で炊きはじめる。        ②炊きあがったが赤くはない。                                                               ③ほんのり赤いかな? 東郷町の妹の家へ炊きたてを届けに行った。       …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五姉妹のおしゃべり会

妹が迎えに来てくれて、姉妹五人が集まって、おしゃべりの会を開いた。 1月15日16日を「小正月」「女正月」といって、そのあたり前後に集まって楽しんできた。 母きよさんが亡くなってから2回抜けてしまったが、今年また復活。 仏壇に手を合せてから、「京雑煮を食べる会」と言って、白みそ雑煮を食べた。 昆布出しの甘い白味噌の中に里いもや大…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

母きよさんの三回忌

朝方ひんやり・・・、秋晴れのすがすがしい日となった。 国道1号線を走ると、田んぼの稲穂が色づき、真っ赤な彼岸花がいたるところに咲いていた・・・。 今日は母きよさんの「三回忌」を行うために豊橋のお寺に向かった。 浄土宗、「南無阿弥陀仏」十回を、何回も唱えてきた。 ほんとに早いもので丸2年が過ぎたのだ・・・。 五人姉妹の連れあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸のいとこから~

神戸のシルバーカレッジに通う、いとこのよっちゃんから返信が来た。 同じような日を送っていることが分かる・・・。 夏休みでも忙しく、楽しく充実しているのも同じ。 今同じ2年生だが、神戸シルバーは3カ年間だから、まだまだ充実した日が続くことになる・・・。 きいちゃんへ メール有難う! うんざりするような暑い毎日です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

豊橋へ墓参り~

豊橋まで名鉄電車に乗って実家のお寺のお施餓鬼に行ってきた。 安城から妹が二人乗ってきて、豊橋には車で迎えに来ていてくれた妹。 「今日は一人足りませんね?」受付のお寺の世話役さんに言われて・・・、 仕事の都合で来られなかった刈谷の妹の分もお参りしてきた。 ご先祖追善供養のお塔婆をただいて墓参りをしてきた。 早めのお昼を豊橋で食べ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都・あおいまつり~

biglobe の写真ニュースに載っていた。    薫風そよそよ都大路に彩り=京都・葵祭 ・・・時事通信社(05月15日15時59分) 今日、京都のあおい祭りが行われたのだ。 私も京都に住んでいた子供時代に見ただけだ。 着物を着ていとこたちと映った写真がある。 ふと、母の書いた自分史を思い出して引っ張り出してきた。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

わたしが子どもだったころ

昨日のこと、 BS103 午後10時からテレビを見た。 わたしが子どもだったころ    「歌手 加藤登紀子」 午後10:00~10:44 (再)3月21日(金)デジタル衛星ハイビジョン・午後0:00~0:44 (再)3月30日(日)デジタル衛星ハイビジョン・午前8:00~8:44   …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

9月28日

9月も終わりというのに残暑厳しい、暑い1日だった。 バスに乗って「特養の喫茶店の日」なのでボラに出かけてきた。 9月で最後となるので、アイスクリーム・ところてんの注文がたくさんあった。 10月からはメニューが変わる。 妹と次女の誕生日が同じ9月28日。   お誕生日おめでとう そして、母きよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

母の一周忌

早いもので、母きよさんの一周忌を迎えた。 娘五人と五人のつれあいが集まり、豊橋のお寺で法要が営まれた。 父の時は安寿さんが多かったが、今は高校の先生を退職したお坊さんが 有難いお念仏を唱えてくださる。 浄土宗、南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏・・・・10回づつとなえる。 初めてのお念仏を唱和させていただいた。(文字を追…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

母きよさんを偲ぶ・・・

安倍首相の突然の辞任には驚いた。 午後からはずっとそのTVニュースが続いていた。 今週末には母きよさんの一周忌が豊橋のお寺で営まれる。 早いものでもう1年が経ったのだ。 姪のA子ちゃんがメールをくれた。 祖母・母きよさんを偲ぶ何よりの供養だ。 ********************** おばあさんの葉書を活字…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「きく宗」のなめし田楽!

豊橋のお寺で、母きよさんの初盆供養と、父の追善供養をしていただいた。 五人姉妹そろってお参りできて、母も喜んでいてくれたと思っている。 五人姉妹が集まってお墓参りができたのも両親のお陰だと思う。 花園にあるおば(父の姉)のお墓にもお参りさせていただいてきた。 そしてすぐ近くの「きく宗」で昼食を食べてきた。 東京からわざわざ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

父の日

五姉妹が集まり楽しい1日だった。 行きも帰りも刈谷の妹が車に乗せてくれて、東郷町まで行ってきた。 母きよさんの仏前に線香を上げてから、おしゃべりが始まった。 畑で採れたナスが煮てあって、妹が手巻き寿司を用意してくれて、 食べながら見ながら話が続いた。 5月の姪の結婚式のビデオを2回も見てもらった。 もう1回という希望…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春のお彼岸~

春分の日、豊橋のお墓参りに行く日、早くに目が覚める。   ケーン! ケーーン! きじの鳴き声がきこえてくる、姿は見えないが・・・・・。 妹が迎えに来てくれて、名古屋方面から一号線を4人で豊橋へ向かう。 去年の秋分の日には一緒に出かけた母が、その4日後に他界した。 何か物足りない・・・、そう、いつも一緒にいた母きよさんがいな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アルバム

CDには母と一緒の写真がたくさん入っていた。 3年前の浜名湖の花博へ行ったときの写真、車椅子に乗って笑っている。 愛知万博の親子6人での写真もある。 春・夏・秋の豊橋への墓参りの写真はいつもお墓の前。 散歩のときの笑顔、作ってきたちりめん細工を持つ母の顔など・・・、 去年のゴールでデンウイークに孫やひ孫が集まった写真は見て…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

三百歳茶会

母きよさんの和ダンスの整理を兼ねて、母の着物を着ましょう?ということで、 五人姉妹の「仮装パーティー?」そして「三百歳茶会」となった。 母は和裁のプロ級、京都の着倒れで、たくさんの着物を持っている。 長女の私は大島のアンサンブル、ブルーの絞りの羽織をもらってきた。 五人の娘がそれぞれ母の着物を着て、この帯が良い、帯締めはこれ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

母の喜楽会

今朝、妹からメールが入って「予定がなければ午後から来てください」という。 ○○喜楽会といって、母きよさんが大昔働いていた会社の、 退職者の会からカーナビを頼りに訪ねてきてくださったのだ。 香典を2件供えて線香を上げてくださった。 もう30年も昔に退職していた母は、お陰で年金もいただいていた。 「長命だったのですね!」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パスタ工房

正月に行けなかった母の仏前に今日お参りしてきた。 1月5日が百ヶ日になるというが、もう?まだ?という感じがする。 お世話になった妹夫婦と姪に御礼と挨拶をしてきた。 お昼になって3人でランチに出かけた。     パスタ工房  伊風人(IFUJIN) ・「牡蠣と白ねぎのクリーム仕立て、生姜風味」 ・「生パスタで、黒オ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

母のベスト!

サンタのおばさん(妹)がやって来た。 クリーム色の新車に乗って・・・。 12月17日(日)豊橋のおばの7回忌が有った。 京都から新幹線で来たいとことも同行できたそうだ。 自宅に集まりお寺での法要のあと、親戚中で三河湾の温泉へ泊りに行かれたそうだ。 妹たちは豊橋駅で失礼したそうだが。 姉妹五人の内三人がお参りして、私はご無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京のお漬物とお菓子

京都のいとこから「お漬物とお菓子」が送られてきたと、妹が届けてくれた。 「しそ餅」は道明寺の皮にこし餡をしその葉でくるんであるお菓子が入っていた。 御菓子処「嵯峨嘉」の住所が、京都市右京区嵯峨広沢御所の内町となっている。 この前嵯峨野へ紅葉狩りに行ったところなので、広沢池・大沢池か・・・。 大覚寺は旧嵯峨御所ということだし、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四十九日

空は青く広く高く、そして風が冷たい! 東名高速沿いの山々、木々はほんのりと色づいてきている・・・。 豊橋で母の「四十九日・満中陰」法要があった。 あわせてお骨納めをしてきた。 五姉妹夫婦10人と孫3人ひ孫一人がお参りした。 小学1年生の竜一君が来てくれて、集まりが和んだ。 今日もまたお昼からご馳走をいただいてきた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五姉妹集合

昨日今日と秋晴れでコスモスの花がとてもよく似合って咲いていた。 秋風に吹かれてそよいでいる・・・背の高いコスモスを見てきた。 五姉妹が2週間ぶりに集まった。 母きよさんの遺影は笑い出しそうなのをこらえているような顔で花に包まれていた。 お昼にうな丼をいただき、おはぎも食べて、働かなければ・・1kgは増えるといいながら、 5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花に囲まれて~

母の遺品をかたずけようと、5人姉妹が集まった。 きれいな花に囲まれて祭壇があった。 お線香を上げたあと、母を偲びながら、お茶を飲んでおしゃべりをして笑い合った。 お昼を食べてもまだ続き、3時過ぎてから押入れの衣類整理をしてみたが、 整理タンスがかたずいたくらいで、又後日、残りを片付けましょうという事になった。 5人でおしゃべり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南無阿弥陀仏③

雨降る中、豊橋のお寺さんへ5人揃っていってきた。 本殿でお経を上げていただいて、「南無阿弥陀仏」を唱えてきた。 葬儀代などをお払いして、これからの事をお聞きした。 18年来の安寿様が美味しいお茶を入れてくださり、 「何時も5人姉妹と一緒にお参りが出来てお母さんはお幸せでしたね!」 お茶菓子に進められた豊橋のゼリーが懐かしく、昔…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南無阿弥陀仏②

極楽浄土への母の旅立ち 『清譽慈香大姉』 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 実母93歳は小さい箱の中に納まってしまった。 子供5人、孫17人、ひ孫21人の子孫を残して・・・。 安心して成仏し、私たちを見守ってくださいね。 京都の父方の本家から、二つほど若いいとこのMさん。 しっかり先祖の墓守をしていてくださり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

南無阿弥陀仏①

極楽浄土への母の旅立ち 『清譽慈香大姉』 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 母との最後の別れの知らせが突然やってきた。 『28日(木)母きよさん亡くなった』と。 アメリカから驚きと信じられない気持ちで帰国の途についた。 やっと確保してもらった座席は夫と離れていて、一人座席に座ったら、 やっぱり涙があふれて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤・白・黄色の彼岸花

国一沿いにも豊橋のお墓にも彼岸花が咲いていた。 真っ赤な彼岸花に混じってクリーム色の彼岸花もさいていた。 母が元気を取り戻し、一緒に豊橋までお墓参りに行けたのがうれしかった。 母は娘5人の名前と人数を確認し、笑顔も見られ、おしゃべりもした。 「ここは京都か? 賀茂川か?」ととんちんかんも言ったけど。 母にとっても私たちも最…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more