テーマ:京都

京都木屋町・高瀬川の散策

京都木屋町の高瀬川の散策    京都の友人が案内してくれて、ゆっくりと食事をして、楽しんできた。    高瀬川は賀茂川から引水して私庭を通り、高瀬川の源流になるのだそうだ。     高瀬川の俳句の石碑                      高瀬川              舟入の 灯影に明るく 春の雪     那須乙郎 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葵まつり ・ 上賀茂神社で見た!  ③

葵祭は京都三大祭りのひとつ 5月15日(日)     平安装束に身を包んだ優雅な行列が新緑の都大路を練り歩いた。     京都御所10時から下鴨神社へ、14時55分から賀茂川堤防から上賀茂神社15時30分着。          フタバアオイの葉を飾った武官や女官の男女約500人、「斎王代」の神輿に牛や馬や牛車(ぎっしゃ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葵まつり…太田神社のカキツバタ  ②

5月15日、京都へ葵祭りを見に行って、早めのランチは北大路で食べて、そこからタクシーに乗る。     五姉妹の生まれ育った上賀茂に有る、太田神社へ行きたかった・・・。     京都のここ太田神社には、自生のカキツバタ群落が咲いているという。     丁度良い季節、今年はもう花は遅いかもしれないが、見に行きたかった。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 葵まつりを見に行く! ①    5/29 追記

5月15日(日) お天気は良し! 五姉妹で京都の「葵まつり」を見に出かけてきた。 早く出て早く帰ろう!京都駅には9時に着いた。 予定は京都のお茶会に参加して、ホテルでランチ、上賀茂神社へいく。    葵まつりの行列            京都御所(10:00)  →   下鴨神社(14:55)  →   上賀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春らんまんの京都で!

春らんまんの京都の四条通・・・、    4月12日、テレビの報道にくぎずけ!    祇園での痛ましい車暴走の事故に目を覆いたくなった。    四条通の赤信号を突っ切って車にぶつかり、人をひいて電柱に当たって止まった。    亡くなった方7人、重症の方もおられるという・・・。    桜見物の人出もあった事だろうし、ここ京都四条は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都のお花見 ③

     琵琶湖疏水沿いに歩く・・・。 琵琶湖の水が京都の発展に寄与しているとの説明に、 琵琶湖の大津で小中学校時代を共にした4人は感慨深かった・・・。 水力発電所からは流れが急になり、水しぶきと桜と雪柳が良くマッチした風景となっていた。    京都のFちゃんは、岡崎周辺はテリトリィー?になっていて、 特別こ、このあたりは詳…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

 京都のお花見 ②

          平安神宮      良く目立つ、あの大きな赤い鳥居・・・               …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都のお花見 ①

     京都・岡崎 さくら回廊  “十石舟めぐり”        乗船日時  4月12日 11:30      大人1000円/小人500円    11時には3時間15分待ち・・・    私たちは京都のFちゃんが早くに来て予約。    お陰で待ち時間なしに乗ることができた、感謝!    12人+12人=24…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都・渉成園で「つくし」発見!

            つくしの会  ~⑤~ 女3人は別れがたくって、京都駅から歩いてお東さんの別荘「渉成園」へ行くことにした。 京都のFちゃんが詳しく、ここにも吟行で来たことがあるという。 東本願寺は烏丸八条、京都駅にもうすぐ着く!と言う場所にある。 修学旅行生らしい学生とハトがたくさんいて目についた。 ここでは「ハト豆」を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨の銀閣寺から哲学の道を歩く~   ② 

   銀閣寺への生垣 「銀閣寺垣」                       展望所からの眺め~                                               向月台の砂の山                           世界文化遺産 「銀閣寺」 東山慈照寺 なぜか好きな「銀閣寺」へ、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都 上賀茂 すぐき

京都のおつけもの「すぐき」を注文した。 上賀茂は母きよさんの生まれ育った故郷。 賀茂川が流れ…、上賀茂神社がある、京都の北部の田園地帯だった・・・。 すぐき漬けの大きな重りのついた天秤が並んでいる庭先の風景があった。                                                         …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

誓弘寺さんのおもてなし~

知恩院から四条大宮の菩提寺「誓弘寺」へ向かう。    ひっきりなしにくる市バス利用して、四条通をバスの中から見る・・・。    八坂神社を通り、祇園から乗って、鴨川を超えて四条河原町、京極・錦、四条烏丸では、    「お急ぎの方は地下鉄ご利用を!」とのアナウンス、ここでも渋滞あり。    四条通の歩道は観光客であふれ、こんなにぎ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

錦秋の京都…知恩院へ

     京都知恩院さんへ、母きよさんの納骨に行く~11月22日(日) 新幹線こだま、豊橋から安城から名古屋から6人が乗り合わせて京都へ。     最後の最後まで母きよさんの面倒を見てくれた妹夫婦に感謝!     妹つれあいKさん(義弟)がボディーガードとなって、五姉妹揃っての納骨。            「あっ、お母ちゃんの加…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

吊るし柿~ありがとう!

とっても嬉しい贈り物、ありがとう! 心のこもった、心が伝わってくる、温かい小包みが届いた。 おばあちゃんの小包みたいになったけど・・・? いえいえとんでもない。 手作りの干し柿、ひとつづつ皮をむいて紐をつけて干した「吊るし柿」 そしてご近所の顔なじみのお店の「おつけもん」。 小憎らしい位喜ばせてくれる「すいぐき」であり、「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

平等院・・・10円硬貨の裏

   「宇治の平等院」 平等院の門はきれいな赤に塗られていた。 蓮の花が水鉢に植えられていて、風情があった。 平安時代の約1000年前に建立された建造物や仏像が今に伝えられているという、すばらしい平等院。 丸窓の外から、平安時代の最高の仏師定朝によって作られた丈六の阿弥陀如来坐像のお顔を拝める。 1000年前に建て…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都・あおいまつり~

biglobe の写真ニュースに載っていた。    薫風そよそよ都大路に彩り=京都・葵祭 ・・・時事通信社(05月15日15時59分) 今日、京都のあおい祭りが行われたのだ。 私も京都に住んでいた子供時代に見ただけだ。 着物を着ていとこたちと映った写真がある。 ふと、母の書いた自分史を思い出して引っ張り出してきた。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

壬生狂言

   リレー随筆190   壬生狂言 (前略)  今年の春久しぶりに壬生狂言を観る機会がありました。すぐ近くのこの壬生寺は新撰組の隊士の屯所や墓があり、NHKの大河ドラマ『新撰組』が放映さていた頃は観光客で狭い道は溢れんばかりでしたが今は静かな元の佇まいに戻りました。  「壬生さんのガンガンデンデン」と親しまれている壬生狂言は、今…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

竹のしおり

京都の友からの寒中見舞いの手紙が来た。 盛りだくさんの内容で、京都会館へ落語を聴きに行った話 一緒に行った美っちゃんとの話。 そして、俳誌に載った彼女の随筆のコピーが入っていた。 その内容は「壬生狂言」の事が書いてあった。 先日デパートの新春イベントで地元京都展をしていて、京都工芸に興味を持ったそうだ。 物産や伝統工芸の…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

京都女子駅伝をみる!

全国都道府県対抗女子駅伝は、京都・西京極陸上競技場から9区間42・195キロで行われ、 地元の京都が2時間14分58秒の大会新記録で、4年連続12度目の優勝をした。 テレビでみていたが、沿道の応援の人たちは傘をさして応援していた。 雨というよりみぞれ、アラレが降っていて、寒い寒い京都を走っていた。 陸上競技場から西大路から北…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

京野菜

きのう12月4日(火)朝9時30分 NHKのテレビ3番  「きょうの料理プラス」      http://www.nhk.or.jp/partner/ryouriplus/index.html 伝統野菜と京料理の知恵  料理研究家・栄養士・小田真規子さんが、 冬の京野菜の代表「聖護院大根」を使った料理を教えてくださったり、 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

食べられるお茶碗?

京都の友人からお菓子が送られてきた。 「熱いお茶でも入れてご主人様とほっとしたひとときを過ごしていただけたらと・・・略」 便箋に書いた手紙が入っていた。ありがとうございました。 開けてびっくり、珍しいお菓子で出来たお茶碗だと言う。    このお抹茶茶碗は        お菓子で出来ております             この…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

円山公園の桜メール

5日12時過ぎ、京都円山公園へいって、(2代目と聞いているが)しだれざくらの写真を送ってくれた、うっちゃんからの携帯メールは、夕方に家に帰ってから見た。 京都のさくらを友達と一緒に見たかったが行けず、こんなメールをくれてうれしい! 今、円山公園に来ています。 『円山公園のしだれざくら』・・・メール写真が添付されている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京のお漬物とお菓子

京都のいとこから「お漬物とお菓子」が送られてきたと、妹が届けてくれた。 「しそ餅」は道明寺の皮にこし餡をしその葉でくるんであるお菓子が入っていた。 御菓子処「嵯峨嘉」の住所が、京都市右京区嵯峨広沢御所の内町となっている。 この前嵯峨野へ紅葉狩りに行ったところなので、広沢池・大沢池か・・・。 大覚寺は旧嵯峨御所ということだし、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かんにんね。

京都の師走の風物詩・・・大覚寺の「鯉上げ」は広沢の池です。 嵯峨野の紅葉見物として大覚寺に行ったとき見たのは大沢の池でした。 メールありがとう!  大変・・・訂正します! 広沢池の鯉揚げはそれで正しいのですが、大覚寺の私たちが散策した池は大沢池なのです。 きいちゃんが正しい。 私たちが見た池ではなく、大覚寺から500メートル位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師走の風物詩

   京都の友人からのメール~ 今日はあの大覚寺、広沢池での鯉上げの行事が行われました。夕刊にプチプチに太った鯉が山のようにすくい上げられているのが載っていました。 静かなあの池の底に鯉やフナやもろこまでいたなんて想像がつきませんでしたが、見てきたばかりの広沢の池でのニュースにとても興味を持って見ることになりました。 師走の風物詩の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都嵯峨野の紅葉狩り

11月末、今年は1週間遅れの紅葉のお陰で、見ごろをややすぎたところ。 京都嵐山の渡月橋からの小倉山の紅葉はぼんやりとしていて真っ赤ではない。 人・人の波で止まって写真もとっておられない。    お散歩マップ  所要時間 渡月橋 天龍寺 大河内山荘 常寂光寺 二尊院 祇王寺 化野念仏寺 大覚寺         3分 - 10…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都の友人と。

天気は晴れ! 京都駅の中央改札口内に待っていてくれた友人3人。 新幹線を降りても改札口から外へ出ないように、と念を押されていたのに 出てしまったおばかさん(京都市内の切符があるのに) JR嵯峨線の「嵐山嵯峨駅」(¥230)まで切符を買って入場して4人で電車に乗る。 満員電車、ほとんどが嵐山へ行く人たちでい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デパートの大京都店

大京都店  8月2日~8日  名鉄百貨店 本館8階    おこしやす、涼の京都へ。 地下鉄で栄から名古屋へ出て、名鉄へ寄ってきた。 広くない8階催場は店と人でぎゅうぎゅうだった。 今日2日と5・6日には舞子さんが来て京舞の披露や写真撮影がある。 限定お取り寄せ店では長い列が出来ていた。 京ゆばを試食した。生ゆばをすくった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都伏見

今朝はゆっくりホテルを出て、京阪沿線、伏見へ行こうということになった。 京都に永年住んでいても、伏見へ行く機会は少ないそうだ。 それでも詳しい京都の友人が案内してくれて、お酒と歴史の香る町伏見へ。 京阪中書島駅下車、長建寺にお参りして、「十国舟」乗り場へ。 柳川を思い出させる、船頭さんと案内人との舟の旅40分。 酒蔵を眺め、柳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七夕コンサート

京都ソサエティホテルの鴨川に面した5階からの眺めはもう満足であった。 左に比叡山が見え東山が連なり、大文字山の送り火の『大』の字が見える。 眼下には鴨川が水量もたっぷり流れ、白鷺・青鷺・とんび?がとんでいた。 緑濃い鴨川の土手の道を散策している人も見える。 「七夕会席」の献立がずらりと並び、見た目もきれいな京料理。 思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more