みっきい

アクセスカウンタ

zoom RSS ネパール館長

<<   作成日時 : 2005/04/18 17:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
愛知万博のパビリオンで始めてみたのはコモン1のネパール館だった。
ヒマラヤ連峰のパノラマで取り巻かれ、真ん中に輝く寺院が再現されてある。
仏教とヒマラヤに彩られたネパール館だった。

観覧予約の日立館の時間まで、1番近いアジアのパビリオン、
グローバルコモン1・・・・・北ゲートに一番近く、センターホールからも企業パビリオンからもアクセスが便利な位置にある。
アジア17カ国から14のパビリオン・・・・・ネパール・ブータン・モンゴル・2010年上海万博を控える中華人民共和国を見る。大韓民国やインドは又今度。

ネパール館長は「ロシャン・シャキヤさん(36才)」で、20代半ばに日本留学経験。
「ネパールはお釈迦様の生まれた国で、日本と100年以上の友好関係です」
ネパールで名高い「ハラティ・マタ寺院」を復元。
「自然の木。レンガ・石を使い、電気工具ではなく、すべて職人の手でつくりました」
首都カトマンズで作ったのを解体して、20人余の職人とともに昨年秋から長久手町に民家を借り上げて合宿生活が続く。
青年海外協力隊からネパールへ派遣された事のある通訳さんが、近所の声かけから、ゴミの分別まで、相談に乗っているそうだ。
パビリオン工事では長久手町の建設会社副社長と親交を深め、地元で交流もしている。
ネパール館は2月完成、外国館の第1号だったそうだ。
万博協会との折衝に、資金調達に、孤軍奮闘し、スタッフへの気遣いまで大変。
「ネパールにいる奥さんにも万博を見せたい」と言うネパール館長。(朝日新聞 中生加康夫)

参加121カ国から万博の為に、慣れない日本での生活が続く外国の方々も多い。
その人たちを裏から支えている方々もいることも考えて、他の外国館もじっくり楽しませていただきたいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネパール館長 みっきい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる