京都の友人と。

天気は晴れ!
京都駅の中央改札口内に待っていてくれた友人3人。
新幹線を降りても改札口から外へ出ないように、と念を押されていたのに
出てしまったおばかさん(京都市内の切符があるのに)
JR嵯峨線の「嵐山嵯峨駅」(¥230)まで切符を買って入場して4人で電車に乗る。
満員電車、ほとんどが嵐山へ行く人たちでいっぱいだ。
平日のこの時間、わたしたちと同じ高齢者が多いように見える。

渡月橋は満員の人・人・人である。
紅葉はやや過ぎた感じがして、落葉もみじも多い。
真っ赤な小倉山というわけには行かないが、やはり見ごたえがあった。
上流は保津川下りの大堰川、渡月橋からは桂川になるのだろう。
もみじを見ながら、写真を撮りながら、おしゃべりをしながら、歩いた、歩いた。

天龍寺、竹のトンネル竹林をとおり、大河内山荘はパス。
落柿舎の柿、祇王寺のもみじを見、1時に精進鉄鉢料理「泉仙」で昼食。
瀬戸内寂聴さんの「寂庵」の門前まで行き、大覚寺の大沢池で紅葉と鴨を見た。
どこも紅葉が目に入り、更にうれしいことに「コスモス」が咲いていてくれたこと。

京都駅のきれいなクリスマス飾りに見とれ、「もう12月になるのね!」と。
「来年も又会いましょう」と約束をして、京都駅でご飯を食べて別れた。
帰宅したら21時40分になり、ああ、楽しかった!!みんなありがとう!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

はなみずき
2006年11月30日 09:37
みっきいさん、京都で友人と歓談、命の洗濯?が出来てよかったですね。
みっきいさんの行動力には、いつもながら感心させられます。
色んな意味で余裕が有ると言う事でしょうが、本当に自立していらっしゃいますね。
みっきい
2006年11月30日 12:14
はなみずきさん、京都まで新幹線では40分かかりませんものね。
嵯峨野路の紅葉を愛で、命の洗濯させてもらいました。
小学校以来の友達で今も○○ちゃんの間柄です。
男性一人、後の二人の女性は家族を持ちながら、社会の第1戦で定年まで働いた、尊敬できる女性です。専業主婦で終わった私には、憧れの生き方でしね。
はなみずきさんも筋を通した生き方すばらしいです。

この記事へのトラックバック