竹のしおり

京都の友からの寒中見舞いの手紙が来た。
盛りだくさんの内容で、京都会館へ落語を聴きに行った話
一緒に行った美っちゃんとの話。
そして、俳誌に載った彼女の随筆のコピーが入っていた。
その内容は「壬生狂言」の事が書いてあった。

先日デパートの新春イベントで地元京都展をしていて、京都工芸に興味を持ったそうだ。
物産や伝統工芸の実演を最初から完成まで見とれていたそうだ。

『同封の「竹の栞」なのですが、たかが栞なのですが、この絵付けに24枚の型紙を
あわせて絵の色を出していく、手摺りの版画なのです。裏の文字も2枚の型紙。
とても気に入りましたので、きいちゃんと美っちゃんと3枚求めてきました。
ご使用あれ!』


「好気心」・・・面白い言葉やね!
ありがとう!大切に使いますね!!

    竹のしおり       
京の名工・伝統工芸士  おか本透堂
         表                                  裏   
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月23日 00:07
いくつになっても好奇心
いいことばですね・・・表の手摺り版画も素晴らしい
こんな「しおり」があると、読書が楽しくなりますね。
小学生の頃の私は、愛読書は「国語辞典」でした。
はがき大で厚さ3cmくらい。殆んど毎日、順番に読んでいました。
何か興味があると、その辞書を引き、厚紙の“しおり”を挟んでいました。
今でも、目の前の本立てにあり、時折開き、背表紙は摺り切れています。
中学生の頃に、理数科が好きで、「玉川百科辞典」(戦後の初版)の理科系10冊を買ってもらい、これが愛読書になりました。
真っ先に読んだのが、「物理編」のアインシュタインの「相対性理論」で、
“しおり”を挟んでおき、何回も読み返しましたが、判ったような、判らないような・・・
高1の時に「動物の発音器官」についてのレポートを、「生物編」を読み漁ってまとめたら、先生が「僕の知らない事が一杯だ」と驚かれました。
佐々木信綱の「萬葉辞典」で、萬葉歌の「異説」を繫ぐと全く異なる解釈になり、国語の先生を手こ摺らせました。

「私の愛読書は辞引き」この年になつても、“しおり”を挟んでおいて・・・
みっきい
2008年01月23日 17:50
俳写日本美さん、さすが違いますね!
愛読書が字引とは、もう頭の構造が違います。
その友が「しおり」ですね。
今は紐が付いていたりしますが、紙であったりいろいろありますね。
「いくつになっても好気心」は好奇心と同じ意味合いでしょうね。
手摺り版画とは・・・大切にしようと思います。
もっと本を読んではさんで使うのが、大切にする事でしょうね。
俳写日本美
2008年01月23日 18:54
好奇心と好気心・・・
PCの自動変換で・・・チョッと不注意でした。
それから、前のコメント「「異説を繫ぐ」(つなぐ)ですが、今度は漢字で表記されるでしょうか?
みっきい
2008年01月23日 20:03
俳写日本美さん、好奇心が本当で、好気心は造語でしょうか?
物理も万葉も学んだ事のない、疎いものなんですよ。
萬葉歌の「異説を繫ぐ」とは「つなぐ」が化けたのですね。
どうしてなのでしょうか?
京の都
2008年01月23日 20:16
ブログに取り上げていただいて嬉しいです。
好気心・・・「気」「奇」気がつきませんでしたが、好奇心でしょうね。
でも、好きなことをいつも心に留めて、またいつも好奇心旺盛な人生送れればいいですね。
因みに、栞の花は嵯峨菊です。
2008年01月23日 21:34
好気心の「気」は、この方の思いがこめられた「気」で、素晴らしい造語だと思います。
私も、時折「造語」を使い、すこし違った感情、意味合い、ニュアンスを表現する事があります。
「漢字あそび」とまでは申しませんが・・・

文字化けは、時折ありますね。
「つなぐ」の漢字は、自動変換でスンナリと出るのですが、後でビックリでした。
萬福寺のブログを書いている時にもありました。
木魚の原型の「たいはん」の字が、漢字一覧にはありましたが、文字化けしていました。
また、普通のブログ文章では表記されている文字が、PhotoshopELで画像内に文字記入していた時にも、文字化けになった事がありました。
俳写日本美
2008年01月23日 21:56
また間違いです。
「たいはん」は[かいばん」が正しいです。
今日はチョッと疲れ気味ですね。
今夜はこのあたりで終りにします。
みっきい
2008年01月24日 06:43
京の都さん、おはようございます。
ステキなしおりのプレゼント、ありがとうございました。
24回刷りの絵柄が「嵯峨菊」なのですね。
嵐山から嵯峨野を散策した昨昨年秋に嵯峨菊を見ましたね?
高年大学で本を借りてきて、バス待ちに本を読んでおります。
早速に「嵯峨菊の竹のしおり」挟んでいます、ありがとう!!
みっきい
2008年01月24日 06:48
俳写日本美さん、おはようございます。
ゆっくり眠れましたか?
「かいばん」とは「魚板」のことですか?
ご丁寧にありがとうございます。
風がきつく寒くなるようです、お身お大事に!!
2008年01月24日 14:09
みっきいさん、京都らしい竹のしおり非常に美しいですね。24枚の型紙で作る版画と聞いて値打ち物だなと思いました。
みっきい
2008年01月24日 21:14
彦左さん、こんばんわ~
竹のしおり、なかなかきれいでしょう?
24枚の型紙で嵯峨菊が刷ってあるそうです。
うれしいプレゼントです。

この記事へのトラックバック