京都のお花見 ②

          平安神宮

画像画像  


   良く目立つ、あの大きな赤い鳥居・・・               
   神苑は神域を囲んで東西南北、30,000㎡、明治の代表的な庭園として国の名勝となっている。   

   初夏のかきつばた、花菖蒲、すいれん、 秋の萩、冬の雪景色など、
   四季おりおりに格別の風情がある。
  
   「さくらみくじ」は桜色のおみくじツリーになっていた。 
   普通のおみくじを引いたUさんとSさん・・・
     
       おみくじを結ぶ白いツリー?               左近の桜…は満開の山桜   
画像 画像  


春の紅しだれ桜は八重、咲色は紅、満開時は花笠のように見えるという。

画像


画像画像   

  
画像


右の建物で、コンサートが開かれるそうだ・・・。
雅楽?と聞いたら、あらゆる音楽で、特にフルートの演奏がすばらしかったそうだ。
池の周りで聴衆が耳を傾けるのだそうだ。
何回と聞きに来たというSさん、Mさん・・・。

左手遠くのの屋根付き橋(橋殿)は「泰平閣」・・・しばし腰をおろして庭園に見とれていた。
紅枝垂れ桜は、ちいさい花びらで八重の薄いピンク色が心なごませてくれた。
すばらしい満足の桜見物だった・・・。
                                                  (つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年04月13日 22:29
平安神宮へ出向かれたのですね。
花も良いですけど・・・疏水の水を引いた神宮の周りの池や小川にはタナゴが生息しているのですよ。
良い雰囲気だったでしょう。
みっきい
2011年04月14日 13:02
Tatehikoさん、京都にお住まいでいいですね!
春の平安神宮の桜にうっとりしてきました。
疏水の水を引いた池や小川…タナゴという魚がいるのですね?
以前琵琶湖の瀬田のシジミが生息しているとも聞きました。
大きなコイが泳いでいるのは気が付いてましたが…。
春らしい最高の雰囲気でした!

この記事へのトラックバック